働き方研究

好きなことを仕事に・・・からも自由に。

好きなことを仕事に・・・とか
やりたいことを仕事に・・・とか

最近よく聞きませんか? 

特に女性向けの本とか雑誌によく載ってますね。
週末プチ起業なども流行っていますし。

 

 

好きなことを仕事に。

そうできたらもちろん素敵だけど、いきなりそうできる人ばかりではありません。

 

自分の得意や好きがすぐには思いつかない人や、そこがすぐ仕事に(お金に)結びつかないこともあるからです。

(私は粘土が大好きだ!!とかね。)

 

 

 

 

 

 

女性は、男性みたいに一生この仕事ひとすじ!とか、これにかける!みたいなのが苦手な気がします。

 

だから、

何か自分にとって一番大事で特別なものを!とか

自分の生きる意味は!天職は!!


って気合い入れて探そうとすると、意外と見つからないんですよね。

 

そもそもが揺れる生き物なので。

 

(いつもアイスはバニラだけど、
今日は抹茶の気分かもしれない)とか。 

 

(好きな男の腕の中でも、違う男の夢を見る・・・)とか。笑

 

 そして、いくら仕事に集中してても

(あー、今日の晩御飯何つくろう)

と並行して考えられちゃう、冷静な生き物でもあります。

 

 

だからハマれないのです。


(ゲームとか何時間でもやるでしょ男の子って。
女子はね、おやつの時間になったらちゃんと中断しておやつ食べますからね。) 

 

余談が長くなりました・・・

 

で、これまでこの国でのスタンダードな働き方は、

20代そこらで入社してから休むことなく何十年、ずっと同じ会社で働き続けることでしたが。

 

女性は、途中で結婚したり出産したり夫が転勤したりと

しばしばやむなく(もしくは望んで)キャリアを中断します。

よくいう、ライフステージの変化、というやつです。

 

なので、スタンダードな(と言われる)働き方をするのは
女性にはそもそも無理なんですよね。

 

 

 

 

 

 

ちょっと話は飛ぶけど、

今タリーズ?では夜の2時間だけ勤務とか、保育園でも夜間だけ勤務の保育士とかを募集し始めてるらしい。

とってもいいですよね。

 

空いてる時間をアルバイトとかパートする、っていうと

今までだとお小遣い稼ぎみたいな、腰掛けみたいなイメージで軽く思われてたかもしれないけど。

そうとも限らないですよ。

 

子育てはしつつも、毎日ちょっとずつでも仕事をしたい。
今までの経験を生かした仕事を。
そしてできれば好きな仕事を。

 

まったくのブランクか、それともフルタイムしか勤務形態がなかったとしたら、
世の女性は絶望してしまうかもしれません。

 

好きなこと、やりたいことを仕事に。の話に戻ると。

 

私はパラレルキャリア(2つでも3つでも)には猛賛成です。

収入源はいくつでもあったほうがいいし。

単純に、居場所がいくつもあるということは、どこかで失敗したり嫌なことがあっても絶望しにくいのでメンタル的にもとても楽になります。

(家庭と仕事の往復だけの人が、家庭でもストレス・・・職場でもストレス・・・だと絶望するよね。大丈夫ですか世のお父さん。)

 

 

だから、いきなり、「好きを仕事に」!とか

気負わなくてもいいと思うんです。

 

これから世に出る女性も、
今働いていなくて(もしくは好きな仕事についていなくて)
もやもやしている女性も。

 

変に気合い入れて自分探ししたり、気負わなくてもいいと思います。

 

 

他の仕事で生計を維持しながら
好きなことは好きなことで、ちまちまとでもずっとやり続けたらいいと思う。

 

ライフワークみたいな感じね。
ずっと続けていると、それがいつの日か結実するはずだから。(お粘土お姉さんみたいにね!)

 

 

 

私の大学時代の恩師と先日会った時に、話してくれました。

女性の人生は、
「家庭・仕事・ライフワーク」があるとすごく充実する。
ひとつひとつに100%満足はしていなくても、全部併せて幸福度を高めたらいい。って。

 

そう、そして

そんなパラレルキャリアのひとつ、
ライフワークのひとつとしてNPOはうってつけの場所ですよ。というお話でした。
NPO出てきてないけど!)

 

▶この記事もよく読まれています。

NPOも人手不足、求人数3倍超、新卒募集(日経から)

 

司法書士ヤマサキ

 

手続きや届出・・・現場の知恵が満載!
\転んでも大丈夫!/しなやかに強いNPOをつくるメルマガ
♪読者登録受付中です♪