スタッフマネジメント

NPOの自称・幽霊部員を救う方法

NPOの自称・幽霊部員を救う方法

気が付けば長いこと活動に参加していないメンバーがいる・・

同報メールの返事も返ってこない・・読んでくれているかな?

ってこと、ありませんか?

 

 

 

 

こんにちは、ヤマサキです。

多くの方にとって,NPOや市民活動は本業(=仕事)ではないため、どうしてもモチベーションには上がり下がりがあります。

「行きたくないから」といって会社に行かないことはできませんが

「行きたくないから」といってNPO活動への参加をお休みすることはできてしまいます。

でも逆に、いま参加してくれている方は、自分から望んで参加してくれているんだ!とポジティブに考えることもできますね。

そう思うと、今日も目の前にいてくれる仲間に,つい心からの感謝が湧いてきてしまいますね・・・^^

自分で「幽霊部員」を名乗る人の心理

で、ここ最近見てないな~というメンバーが久しぶりに現れたり、メールを送ったりするときに

「すっかり幽霊部員の〇〇〇です。」

と名乗ってくることってありませんか?

 

実は私もそんなことを名乗った経験があるんですが、何でそんなことをいうかというと

シンプルに、罪悪感があるからなんですね。

「本来自分はこの活動の一員であり、活動に参加することを期待されているだろうに、それができていない状況である。すまない。」

という感じで。

 

でも,そんな時が来るのも当然ですよね。

ヒトは誰でもライフステージが変わりますし(進学、試験、妊娠、出産、PTA、転勤、離婚、転職、起業、病気、介護など)

それでなくても、プライベートな事件が毎日たくさん起こります。

もちろん代表をやっているあなたにだって,日々たくさんの出来事が起こりますが,

もし代表がモチベーションを下げてしまい,数日ほど活動休止してしまっても・・・

意外と誰にも気づかれないという事実があります。

ということで代表のあなたは,疲れてしまったら自由に休むといいですよ!

・・・話が逸れましたね。

 

 

 

 

復帰のチャンスは必ずやってくる。

幽霊部員が,実在部員に復帰するチャンスは必ずやってきます。

それが,

「すっかり幽霊部員の〇〇〇です。」

と言って久しぶりに登場した瞬間です。

迎え入れる側の心構えとしては,

あくまでさりげなく,でも熱烈に歓迎しましょう。

ちなみに私が今までこのシチュエーションになったとき,言われて一番嬉しかった言葉は,

「おっ帰ってきたね!まだまだ逃がさないよ〜^^」

です。

 

また,あるクライアントのNPO代表さんは,

済まなそうに幽霊部員を自称する会員さんには,

「いやいや,会員として会費を払ってくれているだけですごく嬉しいんですよ。」

と言っているそうです。すばらしいですよね。

どんな形の協力でも嬉しいと伝える重要性。

支援や協力にはいろいろな形があります。

・活動に参加してくれる

・寄付してくれる

・毎年会費を継続して払ってくれる

・イベントの運営スタッフに加わってくれる

・FaceBookでいいね!やシェアをしてくれる

・面白そうなイベントや助成金の情報をくれる

・面白そうな人を紹介してくれ,つなげてくれる

 

そのどれもが嬉しいんだ,ということを

いつもいつもしつこいくらいに発信していくといいと思います。

 

ちなみに,自称・幽霊部員さんがひさしぶりに

「何かできることある?」って聞いてくれたとしたら

「大丈夫大丈夫!」とは言わないで、何かしらお願い事をしてあげるといいと思います。

小さなことでも。

「このfacebookの投稿シェアしてね」のようなことでも。

そうやって「小さなお願い→オッケー!」を少しずつやっていくと、幽霊部員さんもだんだん幽霊ではなくなっていきますよ。

 

 

 

 

 

何回休んでも、どんなに久しぶりでも、いつでも帰ってこられる雰囲気になっている。

そんな居場所になっていることが,

自然と仲間が増えて行くNPOの条件なのだと感じるヤマサキでした。

 

 

 

 

お知らせ

「いつも人手不足・・」

「いつも資金不足・・」

「この状態でいつまで続けられるんだろう?」

「どうしたらもっとみんなが楽しく積極的に関わってくれるんだろう?」

そんなあなたのNPOの状況を打開する方法はこちらです!